7

OBJECT & TOTEM by Julianne Ahn
セラミックアーティスト/Ceramist

大地の匂いを記憶する
オブジェクト&トーテムの陶器

Ceramics of Object & Totem store smell of the earth.

ブルックリンの西端、レッドフックで活動するセラミックアーティストのジュリアン・アンさんは、2011年にハンドメイドの陶器ブランド「Object & Totem(オブジェクト&トーテム)」をスタートさせた。大地から掘り起こしたようなアーシーな色あいと表面のテクスチャー、近未来的な幾何学パターンを大胆にあしらった器や花器は、その神秘的な美しさに魅了された愛好家たちによって、強烈な人気を獲得している。地元フィラデルフィアで陶芸と出会い、ベルリン、ブルックリンと活動の場を移してきたジュリアンさん。彼女の創作を見つめながら、多くの作家が惹きつけられるニューヨークという都市で生き抜く、アーティストの在り方とは。その日常と、ものづくりとの向き合い方について話をうかがった。

A ceramic artist Julianne Ahn, based in Red Hook, western Brooklyn, started her handmade ceramic brand “Object & Totem” in 2011. Her mysteriously beautiful tableware and flower vases have become hugely popular among the devotees with the earthy color and surface texture, as if they were dug up from the ground, and the bold design of neo-futuristic geometrical patterns. Julianne began creating pottery in her hometown Philadelphia and moved to Berlin and to Brooklyn. We interviewed her about her daily life, her view on craftsmanship, and how to survive as an artist in a place like NYC where has been attracting a number of creators.

古びた倉庫が立ち並ぶインダストリアルな雰囲気と、港町特有の色褪せた風情が魅力的なレッドフック。かつては大恐慌を受けて失業者であふれたという街も、スローペースながら再開発も進み、クリエイティブな住民たちが移り住むNYCの穴場的ネイバーフッドとして変貌を遂げようとしている。今回訪ねるジュリアン・アンさんが工房を構えるのは、フラワーアレンジメントとハンドメイドソープを展開する「SAIPUA(サイプア)」が所有する大きなスタジオスペースの一角だ。「SAIPUA」は、フローラルデザイナーのサラ・ライハネンさんが母親と始めた、手作り石鹸のファミリービジネスから発展させたブランド。自然な花の表情を生かした淡く繊細なサラさんのアレンジはNYCで絶大な人気を誇っていて、最近ではニューヨーク北部の広大なファームを入手し、そこで育てたさまざまな種類の野草や花が彼女のアレンジ表現の幅を広げている。わたしたちが建物の中に入ると、大きな作業台を囲んでフローラルデザイナーのニコレット・オーウェンさんによる「リトル・フラワースクール」が開催されていた。創造的なアレンジメントに目を奪われながら、さらにスタジオの奥に進むと、グリーンのジャンプスーツに身を包んだジュリアン・アンさんが穏やかな笑顔で迎えてくれた。

Red Hook is an attractive town with an industrial atmosphere from a row of old warehouses and a faded taste typical of a port town. The town, once full of jobless people because of the Great Depression, has been changing to a secret neighborhood of NYC by gradually developing and creative people moving in. Julianne Ahn has an atelier in a large studio space run by SAIPUA, flower arrangements and handmade soap brand. SAIPUA started was started as a family business of handmade soap by a floral designer Sarah Ryhanen and her mother. Sarah's light and delicate arrangements, drawing expressions of the natural flowers are greatly popular in NYC. In 2011, they acquired a large farm in upper New York State and now various kinds of herbs and flowers from the farm are making her arrangements even more expressive. When we stepped into the building, “Little Flower School” by a floral designer Nicolette Owen was being held around a big working table. As we stepped further, enjoying watching creative arrangements, Julianne Ahn in green jumpsuits welcomed us with a gentle smile.

わたしが目指しているのは
まるで地球から生み出されたような“何か”をつくりだすこと

What I sincerely want to try is
to create something as if it was produced from the earth.
お住まいはどこ?
ケンジントン。ここからすぐ近くよ。
レッドフックはあなたにとってどんな街ですか?
とっても好きな街。以前長く住んでたフィラデルフィアの街を思い出させるの。ポスト・インダストリアル的な建物があって、海に近くて。水辺で生活するのはとても気持ちが良いものよ。都市にいても、時々自然を思い出させてくれるから。他のニューヨークの街からは少し孤立してはいるけど、仕事に集中できる静けさがあるわ。広いスペースも確保できるしね。
ニューヨークでの暮らしはどうですか?
今の所とても気に入ってる。アーティストやデザイナーの質の高いつながり、Dough Johnstonのともえさんともずいぶん前に知り合えたしね。NYには良いエネルギーと、もっと良いところへ行くために挑戦し続ける環境があって、その側面はとても良いと思ってる。でも、ベルリンでの落ち着いた生活を時々懐かしむこともある。そう、とても静かで、ニューヨークとは違った時間が流れてた。ニューヨークという都市は、常に何かを欲しがっていて、満足することのない飢餓感がある。とてもアメリカ的な感覚。人々は常にトップのものを欲しがるし、したがるよね。比べて私がベルリンで経験したものは、全てが実用的で、日々を慈しむことができるの。ニューヨークでの生き方や考え方は好きだけど、時には妥協することも必要かも。
あなたの作る陶器は、とてもユニークな表情をしています。
表面の手触りや色合いはどこか土の匂いがしそうでいて、
同時にあしらわれた柄や模様に未来的な印象も受けました。
こうした形状のアイデアや、装飾のイメージはどんな風にして発想するのでしょうか?
表現は直感的でなくてはならない。だけどそこには同時に緻密さもあるべきと思っていて。形のイメージを考えるときはドローイングをするわね。そして着色やテクスチャーを考えるのは、また違った考え方で取り組む必要がある。こうしたいって形があって、その通りに作ろうと試みるとき、セラミックの良さを感じるわ。たくさんのものを付け加えることができるから。さまざまなサプライズをね。頭の中にあるものをコントロールするように粘土を触る。粘土はまさに天然の素材だから陶器をつくるためには、時にはそれに逆らわず粘土の特性に任せることも大事。それがサプライズな変化を生むこともあるから。多くのインスピレーションは、粘土そのものが持つ、原始的な部分から引き出している。わたしが本当に挑戦したいのは、まるで地球から生み出されたような何かをつくりだすことなの。
Where do you live?
I live in Kensington, near here.
What is Red Hook like for you?
I love this town. Those post industrial buildings and the sea remind me of town of Philadelphia where I used to live for quite a long time. It is very comfortable to live near the sea because I can feel the nature even in an urban city. Red Hook is a bit far from other towns of NYC, but you can concentrate on your work in peace and secure ample space rather easily.
How do you like your life in NYC?
So far, so good. First, I was able to get connected with sophisticated artists and designers including Ms Tomoe from Doug Johnston. Second, NYC has good vibrations and environment to let you keep challenging for a better place. I do like that aspect but sometimes I miss the quiet life in Berlin. The flow of time was indeed different from here. I feel that NYC always wants something, always in hunger and never gets satisfied, which may be a very American sense. People always want and do the best. On the other hand, everything I experienced in Berlin was practical and I could cherish each day. I do like the way of life in NYC but I think I need to compromise from time to time.
Your ceramics have unique expression. The touch of the surface and coloring almost
give out an earthy smell, and at the same time, the design and the pattern give a
futuristic impression. How do you get ideas of such shapes and images of decoration?
I believe that expression must be intuitive, containing accuracy at the same time. To get an image of shape, I draw. To think about color and texture, I need to work in a completely different way. When I try to create a shape just to my image, I feel the advantage of ceramics because I can add a lot of things to them, various kinds of surprises, you know. I handle clay as if to control something in my head. Since clay is a natural material, sometimes it is important not to go against but to let go with its characteristics to make pottery, This can lead to surprising changes. I think much of my inspiration is drawn from primitiveness that clay itself has. What I sincerely want to try is to create something as if it was produced from the earth.

SAIPUAとの出会い。花と粘土が語り合う蜜月のコラボレーション

Encounter with SAIPUA, the best collaboration of flowers and clay.
SAIPUAのスタジオにアトリエを構えることになった経緯を教えてください。
去年(2015年)の12月に、SAIPUAのサラと友人を通して知り合ったの。彼女がレッドフックにスタジオを持っていることや、スタジオの中にオリジナルの花器を作ることのできるアトリエを併設することが、彼女の長年の夢だったことを話してくれたの。季節毎にブーケやアレンジメントに合わせたオリジナルの花器を作れたらとても素敵よね。ちょうどその頃、私もブルックリンでスタジオを探していたのも幸いして、わたしたちは一緒に仕事を展開することにしたの。妊娠もしていたから、自分の仕事をコントロールできる環境としても、SAIPUAとのコラボレーションに集中することはベストの選択だった。本当に素晴らしい機会を与えてもらえたと思っているわ。
Tell us how you came to have your atelier in the studio of SAIPUA.
I met Sarah through my friend in December 2015. She told me about her studio in Red Hook and her long-cherished dream to have an atelier in that studio to make her original flower vases. I thought it would be lovely to make original flower vases to match the seasonal bouquets or arrangements. Luckily enough, I was looking for a studio in Brooklyn at that time, so we decided to work together. It was the best choice for me to focus on collaboration with SAIPUA to control my work during my pregnancy. I am truly grateful for having such a wonderful opportunity.
SAIPUAのために制作する作品について、
アーティストとしてどんなふうに取り組んでいますか。
本当の意味でのコラボレーションを実現するのは本来とても難しいこと。だけど今はあちこちで、誰かの名前を借りて“これはコラボレーション作品よ!”って簡単に口にする時代。わたしはサラと毎日会って、彼女の仕事を間近見ることができる。彼女が作る花のアレンジメントを移りゆく季節とともに感じることができる。私たちは、互いに何が好きか何度も意見を交わしながら考える。サラがわたしの工房に来て、作品を見ながら会話の中で彼女が本当に好きな形や色などのイメージを共有し、次に試みることを考える。小さなサンプルを作り、彼女は実際にそれにアレンジをしてみる。そんな風に何度も試作を繰り返しながら一緒に作品を生み出してるの。花瓶といえば、どうしてもクラシックなデザインになりがちだけど、彼女のつくるアレンジメントは独創的。だからそれに見合った挑戦的なアイデアや楽しみを取り入れているわ。花はオーガニックなものだから、そこから離れたものをつくるつもりはなくて。命ある花を包むものをつくっていることを理解して粘土と向き合っているの。
About your creative activity for SAIPUA, how are you dealing with it as an artist?
Nowadays, people say “this is a collaboration work!” So easily, but I know how difficult it is to realize a true collaboration. In my case, I can see Sarah and her work up close every day and sense her flower arrangements as seasons go by. We quite often talk and think about what each of us likes. Sarah comes to my atelier and shares an image of her favorite shape and color, white checking my work. Then, we think about what we would try next. I make a small sample and she actually uses it for her arrangements. We work together by repeating such trials. Flower vases are likely to be classic but her arrangements are unique, so I adopt challenging ideas and fun. But I'm not going too far because I know that flowers are organic. I am facing clay by understanding that I am creating something to wrap living flowers with.

内なる好奇心の火を燃やし続けて。
なぜ作るのか、その意味を見失わないために

Keep burning your inner flame of curiosity
not to lose the reason why you create.
NYという都市でクリエイティブであり続けるために必要なことは?
まさにサバイバル。あらゆるものごとに対してスマートでいなくちゃいけない。何をするにも、例えばビジネスを発展させるときも、できるだけコンパクトに。自分がすることに対する好奇心を守ることを忘れてはいけない。内なる炎を絶えず燃え続けさせて。NYで何かを育んでいくのはとても難しいのは確か。全てにおいてお金がかかるしね。十分な空間が必要なら特に大変。他のメイカーたちもたくさんいるわ。彼らと競争しないといけないときもある。どんな人にも時には妥協すべき部分はあるわ。わたしがアドバイスできることは、ひとつ。あなたがなぜ、それを作っているのか。その考えが最終的に今よりずっと良い状態へと導いてくれている。あなたが好きなようなやり方で。
わたしは小さなことをたんたんと続けることが好きだから、そうやってやってきた。ときにはそれはお金を稼ぐのには向いてないこともあるけどね(笑)。でもわたしにとってはとても大切なことなの。たくさんの作品だったり、大きな作品をつくることはできないけど、わたしにとって意味のある、特別な作品たちと向き合っていくのは幸せなことよ。
What do you think is necessary to keep being creative in a city like NYC?
It is nothing but survival. You have to be smart about everything. Whatever you do, for example when you develop your business, it should be as compact as possible. Also, you have to protect your curiosity about what you do. Just keep burning your inner flame. It is indeed very difficult to foster something in NYC. It costs for sure, you know. It would be much difficult if you need ample space. Creators are everywhere and sometimes you have to compete with them and compromise something. The only advice I can give is that your view about why you create would take you to a better place at the end. Do it in your own way. As for me, I like to keep doing small things, so I did. It may not be a good way to be rich, but very important for me. Though I cannot make big or lots of products, I do find happiness in creating something meaningful and special for me.

PROFILE

Object & Totem / Julianne Ahn
オブジェクト&トーテム/ジュリアン・アン

「オブジェクト&トーテム」は、ロードアイランドとシカゴの美術学校でテキスタイルとファイバー・マテリアルを学んだジュリアン・アンが運営するハンドメイドの陶器スタジオ。フィラデルフィア、ベルリン、そして最近ではブルックリンを拠点にフローラルブランド「SAIPUA」とのコラボレーションを中心に活動する。その他古典的なテーブルウェア、限定品の陶器作品の制作と並行して実験的なアートピースも継続して制作している。

Object & Totem is a handmade ceramic studio operated by Julianne Ahn, a graduate from The Rhode Island School of Design and The School of the Art Institute of Chicago with a background in textiles and fiber & materials studies. Based in Philadelphia and Berlin, the studio is currently located in Brooklyn, mainly collaborating with a floral brand “SAIPUA” and continues to evolve classic tableware, limited edition vessels as well as experimental art objects.

https://www.objectandtotem.com

OTHER PHOTO